JTB、宿泊施設向けチャットツール開発=多言語・非対面でやりとり

 JTBは24日、宿泊施設向けに多言語を同時翻訳できるチャットツールを開発し、10月1日に販売を始めると発表した。宿泊客と従業員が非対面でやりとりでき、新型コロナウイルスの感染防止につながる。専用のアプリは不要で、スマートフォンで客室内などに掲示されたQRコードを読み取るだけで利用できる。

 多言語翻訳ツールを手掛ける「Kotozna」(東京)と共同開発した。外国語が自動で翻訳されるため、それぞれの母国語を使ってチャットができるのが特徴。新型コロナ収束後の戻りが期待される訪日客の受け入れ態勢の強化が図れる。簡単な質問などにはチャットボットで自動返答でき、業務効率化もできる。

 客が宿泊施設内のQRコードを読み取って利用し、問い合わせや要望があればチャットで伝えられる。施設案内なども載せられる。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント