武雄温泉―長崎、22年秋開業=九州新幹線で見通し―国交省

 九州新幹線長崎ルートをめぐり、国土交通省は24日、フル規格で整備する武雄温泉―長崎の開業が2022年秋ごろになるとの見通しを明らかにした。整備新幹線に関する与党プロジェクトチームの会合で報告した。

 この区間は67キロで、総工費は約6200億円に上る。これまで開業は22年度を目指すと説明していたが、着工から8年以上がたち、具体的な時期を見通せるようになった。 

 一方、長崎ルートの新鳥栖―武雄温泉は整備方式が決まっていない。財政負担の大きさから地元の佐賀県がフル規格に反対しているためだ。早期の着工を目指す国交省は環境影響評価を先行して実施する案を示しているが、県が同意しない状況が続く。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント