北朝鮮、遺体捜索の中断要求=「領海侵犯」を警告―韓国人射殺

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、北朝鮮による韓国人男性射殺事件で、韓国が黄海で遺体を捜索していることに関連し、韓国の艦艇や船舶が「領海侵犯」をしているとして「厳重に警告する」と報じた。その上で、「緊張を誘いかねない」として、こうした行為を中断するよう求めた。

 同通信は一方、北朝鮮当局も遺体を捜索しており、発見した場合は韓国側に引き渡すことを検討していると伝えた。韓国大統領府が北朝鮮に事件の追加調査を求めると決めたことに対しては、反応を示していない。 

 黄海海上での韓国と北朝鮮の境界線をめぐっては、韓国が北方限界線(NLL)を主張しているの対し、北朝鮮はこれを認めず、より南側に「西海海上軍事境界線」を設定。今回の報道でもこの境界線を越える「侵犯行為」の中断を要求しており、今後も対立の火種となりそうだ。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント