ANA、11月の国際線86%減便=羽田―シンガポールは再開

 全日本空輸(ANA)は28日、11月の国際線の運航について、事業計画比で86%を減便すると発表した。引き続き大半を運休するものの、新たに羽田―シンガポール線などの運航を再開する。10月の減便率は87%の予定。 

 週3往復している成田―シンガポールに加え、羽田発着も週2往復運航する。成田―バンコクは帰国便のみ週3便で再開する。羽田―ロンドンなどは増便する。羽田―ホノルルは月2往復する。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント