米ウーバー、営業継続=安全対策講じる―英裁判所

 【ロンドン時事】ロンドン市交通局が安全上の懸念を理由に許可取り消しを決めた米配車大手ウーバー・テクノロジーズの営業について、ロンドンの裁判所は28日、1年半の期限付きで継続を認める判断を示した。

 交通局は昨年11月、ウーバーのシステムでは権限のない運転手がサービスを提供する可能性があるとして、営業許可の更新を拒否。ウーバーは不服を申し立てた上で、安全面の改善に努めたと主張し、判事がこれを受け入れた。 

 裁判所の最終判断が出るまでは営業可能で、ウーバーは昨秋以降もサービスを続けていた。

 BBC放送によると、カーン・ロンドン市長は「交通局は引き続きウーバーを注意深く監視する。乗客を守るための基準が満たされなければ、速やかな行動も辞さない」と強調した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント