中国に1.8兆円投資=電気自動車事業で―独VW

 【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、2020~24年に中国の合弁3社と電気自動車(EV)関連事業へ計150億ユーロ(約1兆8000億円)を投資する計画を発表した。

 VWは、中国自動車大手の上海汽車集団、第一汽車集団、安徽江淮汽車集団(JAC)の3社との合弁会社とそれぞれ共同で投資を行い、2025年までに15車種のEVやプラグインハイブリッド車(PHV)を製造する。 

 中国市場でのVWの販売台数は同社全体の約4割に上る。こうした中、VWは中国政府が普及を後押しし、一段の成長が見込まれるEVなどの強化を図っている。今年5月にはJACとの合弁子会社で、EVを手掛ける江淮大衆汽車への出資比率を引き上げると発表した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント