北朝鮮が党政治局会議=韓国人射殺には触れず

 【ソウル時事】朝鮮中央通信は30日、北朝鮮で29日に朝鮮労働党政治局会議が開かれ、金正恩党委員長が出席したと報じた。会議では、新型コロナウイルスの感染防止策を討議したが、報道は北朝鮮による黄海での韓国人射殺には触れていない。

 コロナ対策をめぐっては「防疫部門での慢心と油断、無責任さや緩慢さ」の警戒を呼び掛けた。また、10月10日の党創建75周年に合わせた「党、国家的事業」の点検と対策も議論。北朝鮮は党創建日に向け、軍事パレードの開催準備を進めているとみられている。 

 このほか、人事も行われたが詳細は不明。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント