ホンダの9月米新車販売、11.5%増=7カ月ぶりプラス

 【ニューヨーク時事】ホンダの米子会社、米国ホンダが1日発表した9月の米新車販売台数は前年同月比11.5%増の12万7058台だった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って春に急減した需要の回復傾向が続き、7カ月ぶりにプラスに転じた。7~9月期では9.5%減の38万8433台だった。

 ブランド別では、ホンダ部門が11.0%増の11万4117台。売れ筋のスポーツ用多目的車(SUV)「CR―V」は29.6%増の3万3572台、同「パイロット」は14.9%増の1万0643台、ミニバン「オデッセイ」も5.2%増の7844台と、いずれもプラスを回復した。小型トラック全体では19.9%増の7万6239台となった。

 乗用車では「シビック」が0.2%増の2万2371台、「アコード」が0.9%減の2万0149台。乗用車全体では1.0%増の5万0819台だった。

 高級車のアキュラ部門は16.6%増の1万2941台。内訳は乗用車が16.5%増の3357台、小型トラックが16.6%増の9584台だった。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント