ビスタジェット、持続可能なバイオ燃料パートナーシップを発表〔GNW〕

 【グローブニューズワイヤ】グローバルなビジネス航空会社であるビスタジェットはこのほど、2020年1月に開始した持続可能な航空事業(Sustainability・in・Aviation)宣言の進展状況を発表し、二酸化炭素排出量を急速かつ有意義に削減したことを確認した。また、持続可能な航空燃料(SAF)のパイオニアのSkyNRGとのパートナーシップを発表した。SAF業界は前進しているが、財政的、技術的、規制上の理由から、ジェット機の持続可能な燃料利用はまだ限定的。SAFの登場から10年たっても、世界でわずか数カ所のハブ空港でしか、持続可能なバイオジェット燃料を利用できず、その利用率は航空燃料の総消費量の0.1%にも満たない。持続可能性をさらに進める重要な一歩として、ビスタジェットはSkyNRGと新たなパートナーシップを締結し、世界各地のビスタジェット顧客がすべて持続可能な航空燃料にアクセスできるようにする。

 【注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント