HIS、増資で220億円調達=香港ファンド、沢田社長も引き受け

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)は2日、海外ファンドを引受先とする第三者割当増資などにより226億円を調達すると発表した。沢田秀雄社長も一部を引き受ける。新型コロナウイルスの影響による旅行需要の低迷が長引く恐れがあることから、増資で財務基盤を強化する。

 香港の投資会社ロング・コリドー・アセット・マネジメントが運営するファンドが80億円の新株を引き受ける。また、ファンドと沢田氏に対する新株予約権の発行・行使により、146億円を調達する。筆頭株主は増資後も沢田氏で変わらない。 

 調達資金はホテル建設やシステム投資に充てる。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント