バーベキューで感染拡大か=陸自陽性者、28人に―防衛省

 陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都)で同じ教育課程に参加した20代隊員らの新型コロナウイルス感染について、防衛省陸上幕僚監部は5日、休日に「3密」状態でバーベキューを行い、感染が拡大した可能性があることを明らかにした。新たに1人の感染者が確認され、陽性者は計28人となった。いずれも女性隊員。

 陸幕によると、教育課程を終え部隊に戻った9月30日以降、陽性者が相次いで確認された。28人は北海道、青森、岩手、静岡、長野、京都、岡山、佐賀、沖縄など15都道府県の駐屯地に所属している。

 教育課程は女性隊員が対象で、7月上旬から9月下旬まで行われた。隊員らは私的にバーベキューを企画し、休日だった9月26日に民間バスを利用して埼玉県で日帰りで実施。参加者44人のうち28人が感染した。 

 外出届は出されたが、バーベキューをすることは報告していなかったという。陸自幹部は「管理面を含め経緯を調べているが、気の緩みがあったのかもしれない」と指摘している。

 陸上幕僚監部は「国民の皆さまに多大な不安を与えてしまい大変申し訳なく、心よりおわび申し上げる。感染防止策を徹底し、一刻も早く信頼回復に努めたい」としている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 新型コロナウイルスについては一刻も早く、ワクチンや治療法が確立されて、従来のようにマスクなしかつ制約なしで行動できるようにしてほしい。

    自分がコロナウイルスについて言えることはそれだけだ!