水素電車、22年3月試験走行=愛称は「ひばり」―JR東・トヨタ・日立

Large 20201006at48s p
JR東日本などが開発する水素を燃料に走る電車「HYBARI(ひばり)」(同社提供)

 JR東日本は6日、トヨタ自動車、日立製作所と連携し、水素を燃料に走る電車の試験走行を2022年3月ごろに始めると発表した。試験は横浜、川崎両市を走る南武線などで3年程度実施し、その後の実用化を目指す。

 トヨタの燃料電池と、ブレーキ時に発生する電力などを蓄える日立のハイブリッドシステムを併用する仕組み。車両の愛称は、水素とハイブリッドの意味を込めて「HYBARI(ひばり)」と決めた。 

 車両は2両編成で、最高速度は時速100キロ。一度の水素充填(じゅうてん)で約140キロ走行できる。記者会見した深沢祐二社長は「脱炭素社会の実現に貢献していきたい」と語った。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント