墜落機、過去に岩国基地所属=米で9月、F35B事故・防衛省

Large 20201006at66s p
岩国基地(山口県)に配備されている米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35B=8月(米海兵隊提供)

 米国で9月に米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが墜落する事故があり、防衛省は6日、米国に照会した結果、事故機は過去に在日米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)に所属していたことを明らかにした。関係自治体にも連絡した。

 防衛省の石川武報道官は「かつて在日米海兵隊岩国基地所属だったが、事故当時は岩国基地所属ではなかった。在日米海兵隊の指揮下では運用されていない」と述べた。

 同省などによると、事故は9月29日に米カリフォルニア州で発生。F35BとKC130空中給油機が訓練中に接触した。F35Bが墜落しパイロットは脱出、給油機も緊急着陸した。

 岩国基地には、2017年からF35Bが配備され、日本周辺で難易度が高い夜間の空中給油訓練を実施している。

 同省によると、米海兵隊は今年10月から岩国基地に配備されているFA18戦闘攻撃機をF35Bに段階的に機種更新する。約半年間かけて16機のF35Bを追加配備し、同基地所属のF35Bは計32機になる。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント