菅首相、玉城沖縄知事と初会談=辺野古、対立変わらず

 菅義偉首相は7日、首相官邸で沖縄県の玉城デニー知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題をめぐり意見交換した。玉城氏は辺野古移設の阻止に全力を挙げる考えで、移設を推進させたい国との対立は今後も続く見通しだ。

 両氏の会談は首相就任後初めてで、10分弱行われた。

 玉城氏は移設計画に関し、「対話による解決を求めていく。(政府との)協議の場もよろしくお願いする」と述べ、協議の場の設置を要請した。玉城氏によると、首相は「これからもしっかり連携してやっていこう」と応じたという。玉城氏は2021年度予算案の沖縄振興費についても配慮を求めた。 

 首相は安倍政権の官房長官時代に、沖縄基地負担軽減担当相を兼務し、辺野古移設で中心的な役割を担った。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント