軽トラ8.2万台リコール=ガソリン漏れの恐れ―スズキ

 スズキは8日、燃料タンクからガソリンが漏れる恐れがあるとして、軽トラック「キャリイ」など4車種計8万2590台(2013年9月~14年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、車体後部のタンクの取り付け強度が不十分で、走行中の振動で亀裂が生じガソリンが漏れる可能性がある。計18件の不具合が報告されている。

 対象車はキャリイのほか、OEM(相手先ブランドによる生産)供給した日産自動車「NT100クリッパー」、マツダ「スクラム」、三菱自動車「ミニキャブ」。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント