〔海外決算〕米カーニバル、6~8月期は29億ドルの赤字=クルーズ停止が痛手

 【ニューヨーク時事】米客船大手カーニバルが8日発表した2020年6~8月期(第3四半期)決算は、純損益が約29億ドル(約3080億円)の赤字となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴うクルーズの運航中止が響いたが、赤字幅は3~5月期の約44億ドルからは縮小した。

 同社は3月半ば以降にクルーズの運航を停止したが、9月にイタリアで再開し、ドイツでも月内に再開する見通し。来年上半期の予約は、これまでのレンジの上限に達しているという。

 同社は「運航が正常化すれば、バランスシートがさらに改善し、信用格付けも投資適格級に回復する」との期待を示した。

 ◇カーニバル(CCL)決算の概要

     20年6~8月    市場予想    前年同期 

売上高       31      71   6,533

純損益   ▲2,858  ▲1,788   1,780

1株損益   ▲2.19   ▲2.20    2.63

(注)売上高と純損益の単位は100万ドル、1株損益は調整後、ドル。▲は赤字。市場予想はリフィニティブ調べ

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント