国内線、相次ぎ欠航=東海道新幹線、10日通常通り―台風14号の接近を受け

 台風14号の接近を受け、航空各社は9日、九州発着を中心に国内線の欠航を決めた。

 全日本空輸は宮崎、対馬両空港を発着する計18便を欠航、約1200人に影響するとみられる。10日も一部の便を欠航する。日本航空は九州に加え羽田、大阪・伊丹空港などを発着する計98便の運航を取りやめ、影響人員は約8200人を見込む。

 JR東海は東海道新幹線について、台風の進路変更に伴い、10日は東京―新大阪間で通常通り運行すると発表した。8日時点では、10日昼ごろから見合わせる可能性があるとしていた。

 JR東日本は10日夕方ごろから、千葉県南部の一部在来線の運転を見合わせる可能性があると発表した。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント