北朝鮮、未明に軍事パレードか=党創建75年、異例の開催

Large 20201010at51s p
10日、朝鮮労働党創建75周年を迎えた平壌で、伝統衣装を着て歩く女性たち(AFP時事)

 【ソウル時事】北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建75周年を迎え、平壌の金日成広場ではこの日未明、大規模な軍事パレードが行われたもようだ。金正恩党委員長が閲兵したとみられるが、普通の市民は寝静まる時間である未明の開催は世界的に見ても異例だ。事実なら米本土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)の新型兵器が登場したかが焦点となる。

 韓国軍は10日、北朝鮮の未明の動きについて「大規模な装備と人員を動員し、軍事パレードを実施した状況を把握した」と発表した。軍事パレードに登場した兵器を含め、米韓情報当局が分析を進めている。開催時間は公表されていない。

 金正恩体制下ではこれまで、軍事パレードは主に午前中に行われていた。韓国の聯合ニュースは未明の開催を「かなり異例なことだ」と伝えた。朝鮮中央テレビは10日朝から党創建を祝う番組を放送しているが、軍事パレードの実施は伝えていない。 

 軍事パレードが行われたとすれば、ICBMのほか、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などを誇示し、米国をけん制した可能性がある。非核化をめぐる米朝交渉が停滞する中、正恩氏が演説し、対米向けのメッセージを出すかも焦点だ。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント