GoToトラベル、予算追加配分=35%割引維持で混乱回避―政府

 赤羽一嘉国土交通相は13日の閣議後記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」の割引原資となる給付金枠を民間旅行会社に追加配分する方針を明らかにした。大手旅行予約サイトが枠不足を理由に割引を制限したため。予算追加で35%の割引率を維持できるようにし、利用者の混乱を避けたい考えだ。

 赤羽氏は民間各社の予約実績などを踏まえ「機動的に追加配分する仕組みにしたい」と語った。

 大手予約サイトの「Yahoo!トラベル」や「じゃらん」などでは、事前に配分された予算枠が不足する恐れがあるとして、旅行費用の35%、最大1万4000円まで受けられる割引の上限額を3500円に引き下げている。

 国交相は「各事業者は遅くとも14日午前中までに35%の割引支援を再開すると報告を受けている」との見通しを明らかにした。また、いったん割引制限を受けた予約についても通常の扱いを受けられるようにする方針。 

 旅行事業者には、販売計画などを前提に給付金枠が配分されている。しかし、10月から東京都発着の旅行も割引対象に加わったことで予約が急増し、販売計画を上回る予約が入っているケースがあるとみられる。

 一方、キャンペーンの予算総額は1兆3500億円に上っており、赤羽氏は「直ちに予算が枯渇する状況にはない」とも強調した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント