燃料電池大型トラック、トヨタ・アサヒなど6社が実証実験=22年に

 トヨタ自動車やアサヒグループホールディングスなど6社は13日、水素で動く燃料電池車(FCV)の大型トラックを荷物の運送に使う実証実験を行うことで合意したと発表した。日野自動車のトラック「プロフィア」をFCVに改造。2022年春ごろから各社が飲料、自動車部品などの輸送に使用し、CO2排出削減効果や実用性、課題を検証する。

 実験は、各社が関東地区や愛知県内に設定する四つの走行ルートで行う。使用する4台のトラックは開発中で、約600キロメートルの距離を1回の水素充填(じゅうてん)で走れるようにする計画だ。従来のディーゼル車と比べ、1台当たり82トンのCO2排出削減を目指す。

 トヨタとアサヒ以外の参加企業は、日野自とネクストロジスティクスジャパン(東京)、西濃運輸、ヤマト運輸の4社。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント