米イージス艦と南シナ海で訓練=中国けん制狙いか―海自

 防衛省海上幕僚監部は13日、インド太平洋方面に派遣中の海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦「かが」などが、南シナ海で米国との共同訓練を12日に実施したと発表した。海洋進出を図る中国をけん制する狙いがあるとみられる。 

 海幕によると、米海軍からはイージス艦「ジョン・S・マケイン」などが参加。洋上補給や通信訓練などを行ったという。

 海自はインド太平洋地域の国々と連携を強化するため、9月7日から今月17日までの日程で、護衛艦や潜水艦などを同方面に派遣している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント