トヨタの1~9月期欧州販売、15%減少=通年予想を上方修正

 【フランクフルト時事】トヨタ自動車の欧州現地法人、トヨタ自動車ヨーロッパ(TME)は14日、主力ブランド「トヨタ」と高級ブランド「レクサス」を合わせた欧州販売が2020年1~9月累計で前年同期比15%減の71万5081台だったと発表した。欧州市場全体は25%縮小したため、市場シェアは0.8ポイント上昇し、6.1%となった。 

 全面改良した新型「ヤリス」の旺盛な需要に押し上げられる形で、特に7~9月期の販売が11.5%も伸びたという。うち「トヨタ」の1~9月累計販売は14%減の66万4157台、「レクサス」は20%減の5万0924台となった。両ブランドにまたがるハイブリッド車(HV)は14.5%減の37万2893台。全体に占めるHV比率は52%で、西欧のみでは63%だった。

 同社はコロナの感染状況が不安要因としながらも、通年の販売予想を従来の95万台から97万5000台に上方修正した。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント