3D印刷利用の部品、超音速ジェット機に搭載される=米VELO3D〔BW〕

 【ビジネスワイヤ】金属3Dプリンター・メーカーの米VELO3Dは、同社の3D金属プリンター「サファイア」で製造した部品が、米ブーム・スーパーソニックの超音速ジェット機「XB-1」に搭載されたと発表した。このチタン製部品は、極高温環境で動作するエンジン、環境制御システム、構造部品に使用されている。VELO3D独自の技術で航空機用の高くて薄い部品の製造も可能。XB-1はブームの民間旅客機「オーバーチュア」の必須技術を実証するための航空機。

 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント