新型「レヴォーグ」、310万円から=渋滞で自動走行―スバル

Large 20201015at49s p
スバルが発表した新型「レヴォーグ」=15日午後、東京都渋谷区

 SUBARU(スバル)は15日、新型ステーションワゴン「レヴォーグ」の価格を発表した。310万2000~370万7000円で、高速道路での渋滞時に自動走行できる運転支援システム「アイサイトX」搭載モデルは348万7000~409万2000円となる。

 中村知美社長は同日のオンライン発表会で「現在持ち得る全ての技術を結集した。次世代スバルのトップバッターを担う車種」と強調した。8月から先行予約を受け付けており、14日までに8290台の注文があった。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント