赤羽国交相「対外的な説明を」=旧タカタ改ざん疑惑

 赤羽一嘉国土交通相は16日の閣議後記者会見で、ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ、東京)によるシートベルトの品質検査データ改ざん疑惑について「適切な対応を講じ、対外的な説明をするよう指導している」と述べた。国交省は、同社や納入先の完成車メーカーに事実関係や安全性を調査・報告するよう求めている。JSSJは、欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの事業を継承した企業。

 赤羽氏は安全性について「自動車メーカーで衝突時の乗員保護に関する基準適合性が確認された上で出荷されている」と指摘。「引き続き自動車を使用しても当面は問題ないと思われる」との認識を示した。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント