トルコでミサイル実験か=ロシア製S400の可能性

 【エルサレム時事】トルコ軍は16日、同国の黒海沿岸地域で、ミサイルの発射実験を行ったもようだ。ロシア製の地対空ミサイルシステム「S400」が使用された可能性もある。S400であれば、北大西洋条約機構(NATO)加盟国によるロシア製兵器導入を深刻視する米国などが強く反発するのは避けられない状況だ。

 トルコ当局はこれより先、「発射訓練」を行う予定があるとして、特定の空域、海域に入らないよう警告のメッセージを出していた。ロイター通信などによると16日、対象地域でミサイルが発射されるのが映像で確認された。 

 トルコは2019年にS400の配備を開始。当初は今年4月をめどに運用を始める計画だったものの、稼働を延期した。大統領府のカルン報道官は「新型コロナウイルスの感染拡大」を延期の理由に挙げたが、米国の反発をかわす狙いもあったとみられていた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント