JR東日本、赤字2643億円=コロナ禍、乗客戻らず―9月中間決算

 JR東日本が28日発表した2020年9月中間連結決算は、純損益が2643億円の赤字(前年同期は1885億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの影響で新幹線の利用が落ち込んだほか、通勤客もテレワークの普及などで低迷が続き、旅客収入が大幅に落ち込んだ。

 売上高は前年同期比48.2%減の7872億円と半減。新幹線収入が前年の4分の1に急減し、在来線も44.5%減った。定期券収入は通期でも15%程度減る見通しだ。中間決算での赤字は1987年の国鉄分割民営化後で初めて。

 21年3月期は、売上高が前期比34.5%減の1兆9300億円、純損益が4180億円の赤字(前期は1984億円の黒字)を見込む。コロナ収束後も旅客収入は8割程度までしか回復しないと想定している。 

 業績悪化に伴い、5月から実施している役員報酬の返上を来年3月まで継続する。赤石良治常務は記者会見で、構造改革を通じて今年度に920億円のコストを削減するなどし、「来年度は必ず黒字化する」と語った。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント