〔決算〕スターフライヤー、赤字転落=新型コロナ打撃―9月中間

 スターフライヤーが30日発表した2020年9月中間純損益は、64億円の赤字(前年同期は6億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客需要が落ち込み、赤字額は11年の上場以来最悪となった。 

 売上高は前年同期比61.2%減の78億円、本業のもうけを示す営業損益は63億円の赤字(同7億円の黒字)だった。3月末に67億円あった純資産は9月末に7億円まで激減。記者会見した白水政治社長は「資本の増強も含めてさまざまな検討をしなければならない」と述べた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント