マスク着用めぐり口論=駅で催涙スプレー? 男が逃走―警視庁

 3日午後0時40分ごろ、東京メトロ半蔵門駅の駅員から、「乗客が催涙スプレーを顔にかけられた」と110番があった。警視庁麹町署によると、スプレーを浴びた40代男性が目の痛みを訴え、病院に搬送されたが軽症。噴射したとみられる30代ぐらいの男が現場から逃走しており、同署は傷害事件として行方を追っている。

 麹町署によると、東京メトロ東西線の車両内で40代男性が「マスクで鼻を覆っていない」と男に注意したところ、口論になった。2人は九段下駅で降車し、半蔵門線のホーム上でつかみ合いになった末、男が催涙スプレーのようなものを噴射したという。

 男性はその後電車に乗り、隣の半蔵門駅で降車後、被害を訴えた。2人に面識はないという。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント