米フォード、北米で37.5万台リコール=サスペンション破損で事故の恐れ

 【ニューヨーク時事】米自動車大手フォード・モーターは4日、リアサスペンションが破損し、ハンドル制御に支障が出る恐れがあるとして、スポーツ用多目的車(SUV)「エクスプローラー」のリコール(回収・無償修理)を発表した。米国とカナダで販売・登録された約37万5200台が対象となる。

 発表によれば、リコール対象は2013~17年型エクスプローラーの一部。リアサスペンションの先端部分が腐食によって破損し、ハンドル制御が効かなくなる恐れがあるという。この問題に絡む13件の事故が発生し、6人が負傷した。フォードは昨年も、リアサスペンションの破損でエクスプローラー約120万台をリコールしている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント