陸自オスプレイ、初の試験飛行へ=暫定配備先の千葉・木更津で

 陸上自衛隊は6日、木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備している輸送機オスプレイの試験飛行を始める。7月に配備された2機のうち1機が、同駐屯地内でホバリングを行う。自衛隊が保有するオスプレイが国内で飛行するのは初めてで、10日以降は駐屯地外で飛行する。

 陸自は2機目の試験飛行も近く開始する。終了後は約半年間、無線機など搭載する装備品の機能確認や、操縦士の練度維持に向けた飛行訓練を実施する。

 オスプレイは陸自に計17機導入される。同駐屯地に新編された「輸送航空隊」が運用し、主に離島防衛専門部隊「水陸機動団」の隊員を輸送する。佐賀空港(佐賀市)への配備を目指しているが、地元漁協との調整がまとまっておらず、同駐屯地に「5年以内を目標」に暫定配備されている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント