〔海外決算〕米GMの7~9月期、72%増益=大型車堅調、米中市場改善

 【ニューヨーク時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズが5日発表した2020年7~9月期決算は、純利益が前年同期比72%増となり、調整後の1株当たり利益は市場予想を大きく上回った。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ米中市場の持ち直しが業績に寄与したほか、北米でピックアップトラックなどの利益率の高い大型車の需要が堅調だった。

 コロナの影響が深刻化した4~6月期に比べ、全地域で販売台数のマイナス幅が縮小。景気回復が先行した中国ではプラスに転じた。GMは「米中での販売が予想よりも早く回復している」と指摘した。

 回転信用枠については7~9月期に52億ドルを返済し、年末までに完済を見込む。期末時点の流動性は378億ドルとなった。

 ◇ゼネラル・モーターズ(GM)決算の概要

      20年7~9月    市場予想    前年同期

売上高    35,480  35,513  35,473

純利益     4,045     ―     2,351

1株利益     2.83    1.38    1.72

 ※地域別の販売台数

北米  765,001(11.4%減)

中国  771,425(11.9%増)

南米  122,911(30.0%減)

欧州      135(89.6%減)

その他 133,839( 3.0%減)

(注)売上高と純利益の単位は100万ドル、1株利益は調整後、ドル。カッコ内は前年同期比。市場予想はリフィニティブ調べ

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント