米国と引き続き連携=菅首相

 菅義偉首相は6日の参院予算委員会で、米大統領選について「どちらの候補が勝利するか分からない状況だが、日米同盟は日本にとって外交・安全保障の基軸で、インド太平洋地域と国際社会の平和と繁栄、自由の基盤となるものだ」と指摘した上で「日本としては引き続き米国と緊密に連携していく」と述べた。 

 大統領選後の米国と中国の関係にも言及し「両国が安定的な関係を構築していくことはわが国の国益に沿うのみならず、国際社会の平和と安定の観点からも重要だ」と語った。

 麻生太郎副総理兼財務相は「米国はかなり混乱している状況だ」との見方を示した。

 加藤勝信官房長官は会見で「引き続き選挙結果やあり得べき影響を含め、高い関心を持って注視している」と強調。祝意の時期に関しては「適切なタイミングで伝達したい」と述べるにとどめた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント