菅首相、選挙後も日米同盟重視=麻生氏「かなり混乱」

 大詰めを迎えた米大統領選について、菅義偉首相は6日の参院予算委員会で、選挙後も日米同盟を重視する姿勢を強調した。

 首相は「どちらの候補が勝利するか分からない状況だが、日米同盟は日本にとって外交・安全保障の基軸で、インド太平洋地域と国際社会の平和と繁栄、自由の基盤となるものだ」と指摘した上で「日本としては引き続き米国と緊密に連携していく」と述べた。

 大統領選後の米国と中国の関係にも言及し「両国が安定的な関係を構築していくことはわが国の国益に沿うのみならず、国際社会の平和と安定の観点からも重要だ」と語った。

 一方、法廷闘争に入るなど長期化する開票作業に懸念の声も上がった。麻生太郎副総理兼財務相は参院予算委で「米国はかなり混乱している状況だ」と指摘した。 

 自民党の世耕弘成参院幹事長も記者会見で「どちらも勝利宣言をし、どちらも敗北を認めない場合は、政府としては非常に難しい対処が求められる。誤らないようにしてほしい」と注文した。

 加藤勝信官房長官は会見で次期大統領への祝意に関し、「適切なタイミングで伝達したい」と述べるにとどめた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント