JR四国、赤字53億円=過去最大、運賃値上げ「不可避」―9月中間

 JR四国が6日に発表した2020年9月中間連結決算は、純損益が53億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)となった。2000年に中間連結決算の公表を始めて以降、中間期として最大の赤字幅。新型コロナウイルスの影響で、鉄道やバスの旅客収入が大幅に落ち込んだことが響いた。

 記者会見した西牧世博社長は「会社発足以来、最大の危機的状況を迎えている」と説明。その上で「運賃改定はやらざるを得ない」と述べ、収支の抜本的な改善に向け運賃値上げが不可避との認識を示した。 

 売上高に当たる営業収益は前年同期比54.4%減の115億円。主力の旅客運輸収入が55.6%減の53億円に落ち込み、過去最低を記録した。21年3月期の業績予想は公表していない。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント