JR北海道、赤字149億円=過去最大、運輸収入半減―9月中間

 JR北海道が6日発表した2020年9月中間連結決算は、純損益が149億円の赤字(前年同期は3億円の赤字)だった。赤字幅は、連結中間決算の公表を始めた2000年以降で最大。新型コロナウイルスの影響で鉄道運輸収入が半分近く減少したことが響いた。

 売上高に当たる営業収益は前年同期比39.2%減の519億円。鉄道やバスの運輸収入が大幅に減少したほか、小売業やホテル業など全ての事業が減収となった。営業損失も385億円(同149億円)に拡大し過去最大だった。

 同社は来春のダイヤ改正で減便を行うなど、経費削減を進める方針。21年3月期の業績予想は公表していない。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント