よみうりランドを完全子会社化=読売新聞グループがTOB

Large 20201106at47s p
よみうりランドの完全子会社化について記者会見する読売新聞グループ本社の山口寿一社長=6日午後、東京都内

 読売新聞グループ本社は6日、傘下の遊園地運営会社よみうりランドにTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化すると発表した。買収総額は約389億円。新型コロナウイルスを受けた外出自粛の影響でよみうりランドの業績が悪化。完全子会社化によって経営基盤を安定させて、グループ全体のレジャー事業を強化する。

 同本社はよみうりランド株の約16%を保有する筆頭株主で、子会社・関連会社と合わせて約34%を持っている。TOB価格は1株6050円で、9日から12月21日まで実施する。よみうりランドはTOBに賛同しており、第2位株主の日本テレビ放送網も応じる意向を表明した。

 TOBが成立すれば、東証1部のよみうりランド株は上場廃止となる。 

 山口寿一読売新聞グループ本社社長は6日の記者会見で「よみうりランドをグループのレジャー・エンターテインメント事業の中核企業にしたい」と説明した。読売巨人軍などのスポーツ関連事業も、よみうりランドに一元化するという。

 よみうりランドは2028年度までに550億円を投じて水族館などを新設する計画だが、感染拡大で苦戦。6日発表した20年9月中間決算は、連結純利益が前年同期比82.8%減の1億9500万円だった。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント