米ロボット開発会社売却へ=ソフトバンクG―報道

Large 20201110at13s p
米ボストン・ダイナミクス社の四足歩行ロボット「スポット」=2019年7月、リスボン(EPA時事)

 【ニューヨーク時事】米ブルームバーグ通信は9日、ソフトバンクグループ(SBG)が、傘下でロボット研究開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスの売却に向け、韓国の現代自動車と交渉していると報じた。事業価値は10億ドル(約1050億円)という。交渉はまとまっておらず、決裂の可能性もあるとしている。関係者の話として報じた。

 報道などによると、SBGは2017年、米グーグルの持ち株会社アルファベットから、ボストン・ダイナミクスを買収した。同社は四足歩行ロボット「スポット」の開発などで知られる。米軍との共同開発でも話題となった。ただ、高い技術力を持ちながら、収益化が課題になっているという。

 SBGは、新型コロナウイルス感染拡大で経済環境が激変する中、4兆5000億円の資産売却計画を3月に発表。財務基盤の強化などを進めている。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント