〔海外決算〕ブラジル・エンブラエル、第3四半期127億円の赤字=前年比倍増

 【サンパウロ時事】ブラジル航空機大手エンブラエルは10日、2020年第3四半期の純損益が6億4900万レアル(約127億円)の赤字となったと発表した。前年同期は3億1440万レアルの赤字、前期は16億8290万レアルの赤字だった。

 純売上高は前年同期比13%減の40億9050万レアル。EBITDA(利払い・税引き・償却前損益)は100万レアル、調整後EBITDAは4070万レアルの赤字。前年同期はいずれも7500万レアルだった。

 20年1~9月の純損益は36億0840万レアルの赤字。前年同時期の赤字は4億4910万レアルだった。純売上高は98億2980万レアル。前年同時期の132億1660万レアルから大幅減となった。EBITDAは11億0180万レアルの赤字、調整後EBITDAは3億4580万レアルの赤字だった。

 エンブラエルは、新型コロナウイルス禍に関係する不確実性のため、20年通年の財務および納入機数についての見積もりの発表は引き続き保留するとしている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント