独コンチネンタル、新社長任命=生え抜きのゼッツァー取締役

 【フランクフルト時事】独自動車部品大手コンチネンタルの監査役会は12日、健康上の事情で11月末に辞任するデーゲンハルト社長の後任に、ニコライ・ゼッツァー取締役(49)を任命した。

 コンチネンタル生え抜きのゼッツァー氏は2009年8月に取締役会入り後、タイヤ部門や全社の資材購入などを担当した。19年4月からは主力自動車部品部門の構造改革を担っている。

 監査役会のライツレ会長は「ニコライ・ゼッツァー氏に全幅の信頼を寄せている。彼は既に始まったコンチネンタルのモビリティ技術企業への変革を成功裏に導いてくれるだろう」と期待を寄せた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント