工期短縮・コスト縮減に努力=北陸新幹線開業遅れに―赤羽国交相

 赤羽一嘉国土交通相は13日の閣議後会見で、北陸新幹線金沢―敦賀間の開業が2023年春から約1年半遅れる見通しとなったことについて、「地元の皆さま方の期待も大きく、大変遺憾。可能な限りの工期短縮、コスト縮減に努める」と述べた。 

 同省は11日の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の会合で、追加工事の発生や入札不調などにより、工期の遅れに加え、建設費が約2880億円増えるとの見通しを説明。PTはこれを了承せず、同省は検証委員会を設けることにした。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント