新幹線車内警備員にカメラ=ライブ映像送信実験―JR東日本

 JR東日本は13日、新幹線車内を巡回する警備員にウェアラブルカメラを装着させ、自動送信される映像の画質や通信状況を確認する実証実験を行うと発表した。異常発生時に遠隔地からでも迅速に対応できるよう安全対策を強化する狙いがあり、実験結果を踏まえて導入の可否を判断する。

 同社によると、実験は17日~12月7日、東北新幹線の東京―盛岡間▽上越新幹線の東京―新潟間▽北陸新幹線の東京―長野間の一部列車で実施する。警備員は胸にカメラを装着して車内を巡回、映像はリアルタイムでセキュリティー対策を担うセンターに自動送信される。

 実験ではトンネル内を走行した際の通信状況などを確認する。カメラを通して、座席の下や荷棚といった細かな場所も遠隔地から確認できることが期待されるという。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント