ニュースワード「踏切道改良促進法」

 踏切道改良促進法 踏切での交通事故防止や交通の円滑化を目的に、1961年に制定された法律。5年間の時限立法で、現行法は2020年度末に期限を迎える。

 国土交通相が同法に基づき、ラッシュ時になかなか遮断機が上がらない「開かずの踏切」など「改良が必要な踏切」を指定。(1)立体交差化(2)歩道の拡幅(3)歩道橋の設置―などの対策を促す。現行法が成立した16年以降、指定された踏切は1180カ所。

 国交省は今回の改正で、初めて災害時の「開かずの踏切」対策を盛り込むことにした。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント