イージス洋上案で中間報告=民間事業者

 岸信夫防衛相は17日の記者会見で、防衛省が配備を断念した陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替策とする方針の「洋上案」に関し、実現可能性の調査を委託した民間事業者から13日に中間報告を受けたと明らかにした。これを踏まえ、年内に代替策の方向性を決める。

 岸防衛相は、報告について「確認・分析作業を行っている」として内容を明らかにしなかった。防衛省は、イージス・アショアの代替策として構成品一式を洋上で運用する方針で、イージス艦を新造する案が有力だ。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント