ANA、22年度の採用大幅圧縮=200人程度、コロナ禍長期化

 ANAホールディングスは17日、2022年度のグループ新卒採用を大幅に圧縮すると発表した。人数は公表していないが、従来の3000人程度を200人程度に減らす。新型コロナウイルス流行の長期化で国際線を中心に旅客需要が落ち込む中、採用を絞ることで固定費を削減し、経営の立て直しを急ぐ。

 ANAは21年度の新卒採用を約700人に抑制しており、2年連続で大幅に縮小することになる。22年度は一部のパイロットや障害者、整備士を採る一方、客室乗務員らは見送る。中途採用や専門性の高い総合職のジョブ型採用は実施を検討している。 

 ANAの21年3月期連結業績は、純損益が過去最悪の5100億円の赤字となる見通し。収益改善へ人件費のカットや社員のグループ外への出向、機材数の圧縮などでコスト削減を進めている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント