米、ICBM迎撃に初成功=日本と共同開発ミサイルで―海上からも可能に

 【ワシントン時事】米国防総省ミサイル防衛局は17日、日本と米国が共同開発したイージス艦搭載迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」による大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃に成功したと発表した。SM3ブロック2AでのICBM迎撃実験は初めて。

 北朝鮮は先月、朝鮮労働党創建75周年を祝賀した軍事パレードで新型ICBMを公開したばかり。米国としては、地上からだけでなく、海上からもICBMを撃ち落とせることを示し、本土防衛能力と抑止力を強化する狙いがある。

 同局によると、太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁にあるミサイル防衛実験施設からICBMに見立てた標的のミサイルが打ち上げられた。ハワイ北東の海域に配置されたイージス艦「ジョン・フィン」は、衛星が探知したICBMの情報を受信。SM3ブロック2Aを発射し、標的を破壊した。

 SM3ブロック2Aは米防衛大手レイセオンと三菱重工業が共同開発した。

 米国はICBM迎撃用として、地上発射型迎撃ミサイル(GBI)しか保有していなかった。SM3ブロック2Aを迎撃に使えることで、重層的な防衛が可能になる。 

 カーネギー国際平和財団のアンキット・パンダ上級研究員は「日米防衛技術協力の成功例だ」と指摘。ミサイル防衛局のヒル局長も声明で「素晴らしい偉業であり、重要な節目だ」と称賛した。

 SM3ブロック2Aはイージス艦だけでなく、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」から発射することも可能。日本政府はイージス・アショア配備計画を撤回し、イージス艦新造などの代替案を検討している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント