JR西、訪日客向け新アプリ=問診票作成も―入国規制緩和に備え12月から

 JR西日本は18日、訪日観光客向けの新アプリ「トラベル サポート バイ ジェイアール―ウエスト」の運用を12月1日から始めると発表した。体調不良の際に16言語で問診票の作成ができる。入国規制などが緩和された際、安心して鉄道を利用してもらうため。 

 提示される体調についての設問に応え、問診票の作成を行う。問診票は、日本語に変換し、医師にそのまま見せることができる。新型コロナウイルス感染が疑われる場合は日本政府観光局への連絡を促す。旅行中の災害に備え、全地球測位システム(GPS)機能と連動させ全国の最寄りの避難所の表示もできる。

 訪日客向けに販売する切符にアプリへのURLを張り付けるなどして、多くの人に利用してもらいたい考えだ。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント