JAL、LINEで搭乗方法案内=年末まで試験

 日本航空(JAL)は18日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用して搭乗方法を案内するサービスを試験的に実施すると発表した。自動会話プログラム「チャットボット」を使い、利用者が出発便の情報や手荷物の有無などを入力すると、搭乗方法を写真などとともに教えてくれる。期間は同日から12月31日までで、利用客のニーズなどのデータを蓄積し、自社のデジタルサービスに生かしたい考えだ。 

 対象は羽田空港の国内線出発便の利用者。頻繁に利用しない客でも、空港内でスムーズに手続きができるようにして利便性を高める。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント