ダイハツ、国内2工場の稼働休止=仕入れ先の火災で部品欠品

 ダイハツ工業は19日、仕入れ先の樹脂部品メーカーの工場での火災により、部品が欠品したことに伴い、国内の2つの完成車工場の稼働を28日まで休止すると発表した。部品の代替生産に向け調整を進めているが、納車が遅れる可能性もあるという。 

 休止したのは、本社工場(大阪府池田市)と滋賀第2工場(滋賀県竜王町)の2つ。2工場の生産台数は国内生産の半数を占める。火災が発生した樹脂部品メーカー「エイエフティー」の工場(滋賀県竜王町)からプラスチック部品を仕入れている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント