地元首長ら複雑=知事のダム建設容認―熊本

 7月の豪雨で氾濫した熊本県・球磨川流域の治水対策で、蒲島郁夫知事が19日、支流の川辺川へのダム建設を容認する意向を表明したことに関し、地元自治体の首長らは「大変重く受け止めている」(松岡隼人人吉市長)などと複雑な思いを明かした。

 かつてのダム計画で水没予定地となった五木村の木下丈二村長は「知事の判断を真摯(しんし)に受け止める」とコメント。知事が表明した「緑の流域治水」が実現するよう、「流域自治体としての役割を果たしていく」意向を示した。

 建設予定地とされた相良村の吉松啓一村長は、治水専用の流水型ダムなどによる治水対策が「生命財産を守り、清流を子々孫々まで受け継ぐ」という村民の要望が「十分反映されているのか、今後知事にお聞きしたい」と語った。

 ダムの最大受益地とされる人吉市の松岡市長は知事表明を受け、自身の治水に関する今後の方向性を整理し、20日の市議会全員協議会で示す考えを明らかにした。

 県議会では、「ダムは一つの方策」(自民党県議)といった賛意の一方、「短期間でダム建設にかじを切った。民意を見極めることが本当にできたのか」(野党会派の県議)と知事の判断に疑問を呈する声も聞かれた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント